HOME会社情報 > コーポレート・ガバナンス
コーポレート・ガバナンス
コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方
 当社は、医療を中心としたヘルスケア全般をITで支援し、それに関わる国民の安全・安心な生活や社会・事業者が抱える課題解決に寄与することで、企業価値の向上を目指しております。
 その実現のために、取締役会や監査等委員会の機能充実、業務執行に対する監視や内部統制システムの充実など、より透明性・健全性の高い経営体制を構築していくことが、コーポレート・ガバナンスに関する取り組みの基本的な考え方であります。また、株主、投資家に対する適時適切な情報開示や株主の権利を尊重する対応に努めることで、更なるコーポレート・ガバナンスの充実を図ってまいりたいと考えております。
会社の各機関の役割

取締役会
 取締役会は、月1回の定時取締役会のほか、必要に応じ臨時取締役会を開催し、様々な視点からなる検討と活発な意見交換を踏まえたうえで、法令で定められた事項のほか、経営に関する重要事項を決定するとともに、業務執行の状況を監督しております。
監査等委員会
 監査等委員会につきましては、監査等委員である取締役3名にて構成され、月1回の定時監査等委員会のほか、必要に応じ臨時に監査等委員会を開催いたします。各監査等委員は取締役の職務の執行状況を監査し、監査等委員会において協議並びに決議を行い、必要に応じて取締役会に報告いたします。また、監査等委員である名倉取締役は「企業倫理ヘルプライン」の相談窓口となっており、当社グループ使用人からの各種相談を受け付けております。
会計監査人
 会計監査人につきましては、監査法人シドーを会計監査人として選任しております。業務を執行した公認会計士は、監査法人シドー 指定社員 業務執行社員 藤田和重、五百蔵豊の両氏であり、補助者として公認会計士1名、合計3名で会計監査業務に携わっております。
内部監査
 内部監査につきましては、内部監査室1名が担当し、内部監査規程に基づき、会計、組織・制度、業務について実施しております。内部監査の結果については、社長及び監査等委員会に報告するとともに必要に応じて改善を指示し、是正措置が講じられる体制となっております。
 また、内部監査室、監査等委員会、会計監査人、子会社監査役は、四半期ごと定時に、また必要に応じ臨時に、情報・意見交換の場を設け、監査業務にあたります。
顧問弁護士
 顧問弁護士には、法律上の判断を必要とする場合、随時専門的な立場からの助言を受けております。

コーポレート・ガバナンス体制
詳細は、「コーポレート・ガバナンス報告書」をご覧ください。
>> コーポレート・ガバナンス報告書